読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫陽花のごとく

気ままに書いてます

ぼんやり

昨夜 会社を出るころには雨もあがり

 

たくさんの雲が綿あめのように空に広がっていた

雲が薄く伸びている場所から青い空が見える

夜なのに空が青い  

その近くにはやはり綿あめをまとった月がぼんやり

 

クッキリと白く輝く月も好きです

 

でも綿あめのような雲に包まれたぼんやりお月さんが

疲れた私に「何でもハッキリさせておくのがいいってもんじゃぁないのよ」

と話しかけてくれる