紫陽花のごとく

気ままに書いてます

絵本

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

おじいちゃんは、ぼくのてをにぎり、 おまじないのように つぶやくのでした。 「だいじょうぶ だいじょうぶ。」 作・絵 いとうひろし 「ぼく」がおじいちゃんに見守られて成長していく姿を やさしく描いてあります おじいちゃんが「だいじょうぶ だいじょう…