読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫陽花のごとく

気ままに書いてます

雨降りお月さん

今夜のお月様はゆっくりと流れるのっぺりした雲で

様々な顔を見せてくれる

 

けっしてはっきり見えないけれど

 

お月様の美しさは十分感じられる

 

 

『雨降りお月さん』

野口雨情作詞・中山晋平作曲

 

1:雨降りお月さん 雲の蔭

お嫁にゆくときや 誰とゆく

一人で傘(からかさ)さして行く

傘(からかさ)ないときや誰とゆく

シャラシャラシャンシャン鈴つけた

お馬にゆられて ぬれてゆく

 

 

2:急がにゃお馬よ 夜があけよう

手綱(たづな)の下から チョイとみたりゃ

お袖でお顔を 隠してる
お袖はぬれても 干しや かわく

雨降りお月さん 雲の蔭

お馬にゆられて ぬれてゆく

 

 

野口雨情の歌詞が悲しげですが、美しいです

 

 

この歌は最初1番しかなく「雨降りお月さん」だったそうです

で、中山晋平の助言で2番の「雲の陰」を作り

最終的に1番と2番を合わせて「雨降りお月さん」となったそうです

 

野口雨情記念 湯本温泉 童謡館 雨降りお月さん